安く買える中古別荘を購入して別荘ライフを楽しむ

中古別荘は安くて税金もあまりかからない

新築の別荘とは小さめのサイズでも高額な傾向で、値段が高いとなると購入時に支払う不動産取得税の額もかなり高額になります。そのため、新築の別荘を買うという事は、一部の富裕層以外の人達にとってあまり現実的ではありません。それに対して、別荘とは中古で土地も小さい物件であれば意外と安く買えるという側面を持ち併せており、500万円以内で買える物件も増加中です。安く買える小さな中古別荘とは、購入時に課税される不動産宿税の額もかなり少なく、例えば物件の固定資産税評価額が500万円であるなら支払う額はわずか20万円です。固定資産税評価額1億円の新築別荘を購入すると約1年後に400万円を支払わなければならない事を考えると、税金面でも中古別荘は注目の存在と言えます。

どうやって探したらいいか?

中古別荘とは現地まで足を運んで店舗で物件を見つけていかねばならないわけではありません。一般的な賃貸物件同様に大手不動産物件検索サイト内には別荘コンテンツが用意されており、そちらから金額・土地のサイズなど条件を指定して好みの物件を探せます。

別荘でのおすすめの過ごし方

日本の別荘地の大半は標高1000m前後の高原地帯の森林内にあります。そして、敷地の外に広大な森林が広がっているような環境の場合は是非、森林浴を楽しんでみてください。森林浴にはまず心をリラックスさせる効果(交感神経活動を抑制させる効果)があります。さらには血圧低下・脈拍数低下・免疫力アップなど様々な効果があることが明らかになっています。なお自然音を聴きながら過ごすのも心身に良い影響があるため、森林浴をする際はイヤホンをつけて音楽を聴くのではなく、鳥のさえずりなどを聴きながら歩くようにしてください。

予算を超えない範囲で中古の別荘を購入する事ができます。物件の内容次第では、温泉付きの別荘を選択する事が可能です。