こんな感じになっています! 北海道の賃貸物件

寒さ対策を重視している

職場の異動や進学などで北海道に引っ越しをする人のために、北海道の賃貸物件に関する基礎知識をご紹介します。北海道は全域で冬の寒さが厳しいため、寒さ対策を重視した物件になっています。最大の特徴といえるのは複層ガラスの窓です。寒さが室内に伝わるのを防ぐため、窓ガラスが二重や三重になっているのが一般的です。物件によっては、床暖房を備えている場合もあります。物件を確認するときは、暖房の燃料をチェックしましょう。ガスまたは灯油が基本ですが、都市ガスではなくプロパンガスを使う物件だと燃料費が高くなるおそれもあります。冬は雪が積もるのが当然ですが、共用部分などの雪かきがどうなっているか確認してください。物件によっては管理人さんが担当してくれますが、自分でやらないといけない場合もあります。

夏の暑さのためにエアコンの状況もチェック

北海道は雪国で、夏は涼しいというイメージがあるかもしれません。しかし、そのイメージは必ずしも正しいとはいえません。北海道はかなり広いので地域差はありますが、たとえば札幌市であれば夏はかなり暑くなります。扇風機だけでは厳しいこともあるため、借りる予定の物件にエアコンがあるかチェックしましょう。冬の寒さ対策は万全な物件がほとんどですが、エアコンの設置率は東京の賃貸物件と比較すると低いかもしれません。ただし、借り主が自己負担でエアコンを設置できるように、配管を通す穴やコンセントは用意されている物件はよくあります。ちなみに、部屋にエアコンがあれば夏は快適ですが、冬はエアコンだけでは寒いかもしれません。そんなときはストーブの追加を検討しましょう。

札幌中央区の賃貸は物件の数が豊富ですから、好みで自由に選べます。セキュリティ対策を重要視したい時は、防犯カメラやオートロックが設置されている物件が適しています。