家造りをするなら知っておきたい資金計画のポイント

現金で一括購入とローンを利用する場合を想像しよう

家造りをする場合は建物の設計や土地探しだけではなく現金で一括で支払うのか、それともローンを組むのかを考える必要があります。迷って決められない場合は、現金で一括で支払う場合とローンを組む場合を想像してみることをおすすめします。まず、現金で一括で支払う際はまとまった資金が必要です。つまり、家造りのスタート前から地道に貯蓄をしなければならないので、しっかりと資金計画を立てるべきです。中古なら数百万円で購入できるチャンスはありますが、新築になると数百万円で購入するのは難しいです。また、土地と建物部分を合わせれば、かなりの金額になってしまうため、現金で一括で支払って購入する難易度は高いです。ローンを利用する場合は貯蓄がなくても家造りをスタートできますが、返済する時は金利分の利息が上乗せされる分、負担が大きくなります。

支払い方法を決めれば資金計画を立てやすい

資金計画を立てる場合、先に支払い方法を決めることをおすすめします。どちらにするか迷ってしまうと家造りの資金計画に一貫性がなくなり、中途半端です。それなら、現金で一括で支払いするのか、それともローンを利用するのか決めてしまえば、最適な資金計画を立てられるようになるでしょう。現金で一括で支払いするなら、家が欲しいと考え始めた時から貯蓄をスタートさせる必要があります。数百万円や数千万円はすぐに貯められないので、時間がかかります。だからこそ、家が欲しくなった時から少しずつ貯蓄を行うことが大事です。ローンを利用する場合、現金で一括で支払いする時よりも初期費用はかからないものの、頭金を支払うなら多少の貯蓄はしておくべきです。

3000万の家になると、設計にも幅が出てきます。こだわりを形にできる家作りが可能になる価格帯といえるでしょう。