賃貸物件探しが成功するかどうかは担当者に大きく左右される

申し込み内容を確認しながら要望をくみ取ってくれる

不動産会社に入った際にはまず申込書に自分が探している物件の条件を記載することになります。物件の条件についてはある程度塩離婚が出来ている人が多いものの、その条件の優先度までは決め切れていない人が多いものです。そういった物件を探している人の心理をしっかりと理解し、記載した申込書を復唱しながら希望している条件の優先順位を一緒になって考えてくれるような担当者に当たることが出来れば有意義な物件探しができる可能性はとても高いです。更に良い担当者は記載している内容だけではなく、普段の生活リズムや引っ越しをしたらどういった生活がしたいかということまで聞き、その希望に沿うような物件を探してくれます。そしてどのような物件にもデメリットは必ずあるものです。物件のメリットは積極的に伝えてはくれるものの、デメリットを正直に伝えてくれる営業マンはそう多くありません。率先してデメリットを教えてくれるような営業マンは信頼して間違いないでしょう。

契約を急がせようとしない人

営業マンの中には早く契約をさせようとして内覧する物件を絞り込んでくる人がいます。物件を内覧したいと尋ねた際に毎回のようにすでに内覧の予定が入っていると言ってくる場合は要注意ですし、自分がいいなと思っている物件に対してほかにもいいなと思っている人がいると伝え、とにかく契約を急がせるような担当者も要注意です。確かに不動産物件は早い者勝ちではありますが、勢いで契約するものではありません。よく吟味してから契約しないと必ず後悔します。

太平洋を臨む場所にある苫小牧の賃貸の周辺には、旅客フェリーターミナルもあるなど交通アクセスにも優れています。