借りる前に知っておこう!賃貸オフィスのメリットと注意点

初期費用を抑えることができる

オフィスを購入するとなると頭金など多額の初期費用がかかりますが、賃貸オフィスであれば初期費用をなるべく抑えることができます。机や椅子、棚など備品が設置されているオフィスもあるので、備品のための費用も安く済ませられます。ただし賃料に関しては、インフレなどにより上昇してしまう可能性もあるので注意が必要です。また中長期的に見れば、ローンを利用して物件を購入する方が、賃貸オフィスを利用するよりも年間支払い総額は低くなります。そのため、会社の将来を見据えたうえで賃貸オフィスを選択することが重要です。

オフィスの移転や拡張にも柔軟に対応できる

賃貸オフィスはオフィスの移転がしやすいこともメリットの一つです。また、同じビルのオフィスが空いていれば新たに契約を結び、オフィスを移転せずに規模を拡張することも可能です。逆に、業績の悪化によって経費を削減しなければならない場合には、オフィスの規模の縮小もしやすいでしょう。ただし、頻繁にオフィスの移転を行うと敷金や火災保険など費用がかさんでしまい、手続きなどの手間も増えるため計画的な利用が大切です。

メンテナンスは任せられる

オフィスを安全で快適に使用するためには、エレベーターの点検や清掃などのメンテナンスが欠かせません。賃貸オフィスであれば、メンテナンスは管理会社やオーナーが対応してくれることが多いため、それらに関わる事務処理や費用などを減らすことができます。ただ管理を任せられる一方で、オフィスの利用時間や土日の使用など、賃貸オフィスでは利用制限がある場合が多いので注意が必要です。

賃貸事務所 港区で検索すると数多くの物件を見る事が可能であり、区内物件の毎月の管理費は賃料の1割~2割程度を支払うのが一般的です。