注文住宅を建てるときの住宅ローンの仕組み

担保となる建物がない場合の合理的な考え方

注文住宅を建築する場合には、住宅ローンを組む人が多いですがローンの組み方にも特徴があります。建売住宅と比較した場合、建売住宅ならば既に建物が建築していますので土地と建物を合わせた金額から判断して住宅ローンを算出して行きます。しかも、担保となる建物が建築されていますので建築されている建物を担保にするだけです。ですが、注文住宅の場合、建物を建築する前の段階で1つ問題があるわけです。どのような問題があるかと言えば、建物を建築する前に工務店やハウスメーカーに前金を渡さなければならないことです。この段階で、まだ建物が建築されていませんので担保とするものがありません。この場合には、例外的に土地を購入した時や建物を建築する前に既に建物が建築されたと仮定してローンを組むことが可能になります。つまり、担保としての建物がまだなくても将来建築される建物を担保として住宅ローンを組むことが可能です。

土地と建物でローンはひとつながりとして考える

建物が建築されていないのに、建物が建築されたとしてローンを組むパターンをつなぎローンといいます。これは、土地を購入する段階で既に建物が建築されていると考えますので通常は同じ金融機関からお金を借りることになるでしょう。金融機関によっては、つなぎローンを専門的に行っているところがありますので探してみると良いでしょう。逆に、つなぎローンを一切扱っていないところもありますので事前にしっかりとしたリサーチをすることが重要になります。

愛知の注文住宅を建てる時のおすすめエリアの一つとして、春日井市が挙げられます。名古屋市に隣接しているため利便性があり、自然豊かな環境だからです。