注文住宅選びは工法選択が最も難しいのはなぜ!?間取りの選択肢が決まる

建築コストの安さを重視するなら在来工法

昔ながらの材木を使った建築方法ならば、建築コストが安い在来工法が適しています。耐震強化を行う技術が普及したことにより、在来工法であっても耐震性に問題はありません。しかし、間取りという点では構造上取り除くことが出来ない柱が存在してしまうことにより、大黒柱と従来から呼ばれている柱だけでなく間取りに一定の制限が出てしまいます。そこで、ある程度間取りと柱に対して許容出来る方針を持った注文住宅を建築したい人に向いているわけです。

鉄骨構造なら間取りの自由度が増える

軽量鉄骨造と重量鉄骨造という違いはあるものの、鉄骨構造ならば間取りの自由度が一気に高まります。なぜなら、1本の柱で支えられる重量が木材と金属では大きな違いがあるからこそ、構造上必要な柱の本数を減らすことが出来るからです。広いリビングを作る際に部屋の中に柱が取り残されているという事態を防げる鉄骨構造ならば、間取りの自由度だけでなく注文住宅ならではの将来のリフォームを見越した設計が可能となります。

間取りの制限を受けても良ければユニット工法

四畳半から10畳程度の間取りを組み合わせた積み木構造の注文住宅で問題なければ、ユニット工法を採用することが出来ます。ユニット工法は柱ではなく壁で支える構造となっていて、積み木のように工場内である程度仕上げてから施工場所へ運搬して設置するだけで建設可能です。基礎工事が終わってから内装工事へ取り掛かるまでの時間を最小限に抑えられるからこそ、現地での工期を最小限に抑えられます。広大なリビングを必要とせず、将来壁を抜くリフォームをしないならば耐震性能と納期の早さという面からユニット工法は人気があります。

名古屋の注文住宅数は家を作る数としては全国的に多いです。そのため注文住宅に応える建築業者、ハウスメーカーも多く存在しますので注文住宅を作るなら評判の良い業者に作ってもらうことです。