住まいの安全は大丈夫?安心して生活できる賃貸選びのコツ

住まいの安全性は安心をもたらす

賃貸生活をする上で何を重視して物件を選んでいるでしょうか。とにかく家賃が安い方が良いという人もいれば、高くても快適に生活できるような設備が整っているところが良いという人もいるでしょう。どんな観点で選ぶのも自由ですが、安全性についても考慮してみるのが大切です。すまいの安全性は安心して暮らせるかどうかを大きく左右する要素だからです。今まであまり安全性について考えたことがなかった人は賃貸探しをするのをきっかけにしてどんな視点で考えると良いのかを理解しておきましょう。

賃貸物件の安全性を考える上で重要な要素は二つあります。セキュリティー対策となる設備が充実しているか、立地的にリスクが低いかという二つの観点を持って物件探しをするのが重要です。この二つについてもう少し掘り下げて理解をしておきましょう。

どんな設備を重視すると良いのか

セキュリティーに関わる設備が充実している賃貸物件は全国的に増えてきていますが、どんな設備を重視したら良いのかがわからずに悩む人もいるでしょう。基本的には防犯性が高いかどうかが重要な観点で、不審者が勝手に侵入してくることがないような設計になっていれば安心して暮らすことができます。例えば、マンションのエントランス部分にパスワードやカードキーなどによるセキュリティーゲートが設けられていると住人以外は入れないので安心です。また、部屋の鍵についても一般的なシリンダー錠ではなく、ディンプルキーを用いていたり、カードキーや生態認証などを導入したりしていればピッキングによる侵入も防ぐことができます。

セキュリティーという観点では実は物件の種類を選ぶことも重要で、一般的には集合住宅の方が一戸建てよりも安心できます。隣の部屋に人がいるかもしれないと考えて空き巣が敬遠することが多いからです。また、集合住宅の場合には単身者向けの物件よりも家族向けの物件の方が部屋に誰かが常にいる可能性が高いので安全と言われています。さらに監視カメラなども設置されていればよほどのことがなければ被害に遭うことはないと考えることができるでしょう。

立地的なリスクについて知ろう

立地的な安全性については周辺環境に大きく依存するので実際に物件を見に行ってみるのが賢明です。人通りが多いところなら安全性が高く、人目に付くから侵入しないと考える人が多くなるのが理由です。また、繁華街や飲み屋街などが近いとリスクが高いことが知られているので物件を選ぶ際には気を付けるようにしましょう。

登別の賃貸物件は、家賃相場も道内で中級クラス。最寄駅付近には、スーパーなどが少なく、日用品の購入は車で移動することになります。市内には、水族館や遊園地を併設したテーマパークもあり、観光客で賑わいます。