ブロードバンド物件はお得?チェックポイントを知っておこう!!

回線の種類を把握しておく

インターネットの利用はパソコンだけでなくスマホからも行えます。多くの人がスマホを利用していて、通常は携帯電話会社にデータ使用料を支払って利用しているでしょう。賃貸物件の中にはブロードバンドに対応しているところがあり、光回線であればかなり高速のネット環境が得られます。ただ物件情報にブロードバンド対応としか書かれていないと回線の種類がわからないので注意が必要です。ブロードバンドイコール光回線と思っている人もいるようですが、実際はそれよりも低速の回線かもしれません。光回線ならネットの動画や有料テレビなども快適に利用できるでしょうが、それ以外だと快適と言えないときもあります。不動産屋の情報でわからないのであれば内見の時に確認をしたり回線の様子をチェックしておきましょう。

ネットの契約はどうなっているか

スマホがあればそれなりにネットへの接続はできますが、動画視聴やデータのダウンロードを多くする人だとデータ通信料がかなりかかるでしょう。ブロードバンドが利用できる賃貸物件であれば、スマホのデータ通信を使わずにネット接続ができるのでスマホ使用料を節約できるかもしれません。ブロードバンド対応物件を見つけたらネットの契約は誰が行うのかを確認しておきましょう。ブロードバンド対応の意味として、単に回線がついているだけのところもあれば、プロバイダーやケーブルテレビなどの利用も可能な状態になっているところもあります。回線がついているだけならネットやケーブルテレビを利用するときは別途契約して利用料を払わなくてはいけません。一方物件側が契約しているときは賃料に利用料が含まれているので、契約も利用料も不要で使えます。

有線での接続か無線での接続か

パソコンでネットに接続するときは有線でも無線でも行える仕組みが多いです。しかしスマホや携帯ゲーム機などは無線でしか接続できないので、有線での接続環境だと別途無線LANの設備が必要になります。賃貸物件の中にはブロードバンドに対応していて無料でネット接続可能としているところもあり、それを目当てに契約をする人もいるはずです。内見をするときにはネットへの接続が有線で行うのか無線で行うのかをチェックしておきましょう。有線接続だと部屋の中に接続用のソケットがあり、パソコンならLANケーブルで接続できますがスマホは直接接続できません。ソケットがないと無線での接続になり、どこから受信できるのかを聞いておきましょう。ただし無線の時はセキュリティに十分注意して利用しなければいけません。

この地域は、札幌市街地まで鉄道を利用すれば、10分程の位置にあります。通勤・通学などを考える上でも、琴似の賃貸物件を検討する価値があります。